まさか本屋にあるなんて

種!

欲しかった野菜のタネが本屋にあるという情報を聞きつけて、やって来たはジュンク堂~。すごいな、ジュンク堂。

〈野口のタネ〉http://noguchiseed.com/という、こだわり種。
これまであまり詳しく知らなかったのだけど、今市場に出回るほとんどの野菜がF1と呼ばれるタネから収穫されているもので、それらは一度蒔いたら一度の収穫でおさらば、の野菜だそうです。(雌しべか雄しべかどっちかが無いため、受粉ができないそう)
ようは、種がとれない、というもの。
これに対して野口のタネはちゃんと花の受粉ができ、種がとれる。←こうして種を作り、採種することはとても大変なことなので、最近では誰もやらなくなっているそうです。
↑すごくざっくりな説明でスミマセン(/ー ̄;)


どうせやるなら、イノチの巡りを味わいたい。

何をって?



はい、はじめます。家庭菜園!(ベランダにて。)


正直、今までけっこう植物ダメにしています、ワタシの黒歴史。
何か食べれるところまでいったらいいなぁ~とほのかに期待しつつ、なんか今の暮らしなら楽しくできそう!の心持ちです。

土も用意できたし、暖かい日に種蒔いてみよう♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。